公園のベンチでひとりごと。

アクセスカウンタ

zoom RSS メインマシンがおかしくなった

<<   作成日時 : 2006/07/01 08:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

メインで使用している、WindowsXPが載ってるミニタワー機の話。

昨日ちょこちょこ作業をしていて、テキストエディタからファイルを開くメニューを選択したところ、そのまま反応がなくなった。そこから、そのエディタだけでなく、その時に動いていた他のアプリも、操作しようとすると次々に反応なしになっていく。

なんとかタスクマネージャを起動して、そこから再起動をかけた。でもこれが進まない。なんかのアプリの反応がないというダイアログがでて、すぐに終了を選択して、を繰り返しつつ、何度かタスクマネージャから再起動をかけなおしてみたりしているうちに、なんとかWindowsが終了した。

さてここから。
再起動なので、BIOSの起動画面が出て、CPUの名称が出て、メモリの…あれ? メモリ関連の表示が出てこない。普段はほんの数秒で表示が出て、次に進むのに。しばらく待っても変化が無いので、リセットをかけたり、電源を入れなおしたりしたけど、全然だめ。

げっ、メモリが死んだのか?

とりあえずケースを開けて、メモリを引っこ抜き、どれが生きていてどれがダメなのか見分けようと、いろいろと差しなおして起動してみたけど、どうやってもダメ。ひどいときにはBIOS画面そのものがスタートしない。

降参。

すっかり疲れ果てたので、メモリを全部差しなおして(順番は適当)、電源を入れてみて、メモリチェックのところで停止するのを見届けて、あーもういいや! とそのまま汗を流しに浴室へ行ってシャワーを浴びた。

部屋に戻ってくると、ありゃりゃ? Windowsが起動しているじゃないか。
動かしてみると、問題なく使用できる。

そこで、memtest86を用意して、また再起動。同じようにメモリチェックに凄い時間がかかる。3〜4分くらいか。ほっておいてテレビ見てたら、いつの間にかmemtest86がスタートしていた。1周しかテストを実行していないが、エラーは発生しなかったので、メモリに問題はなさそうだ。

となると、おかしいのはマザーボードか。暑さでやられたのかなあ。同じマザーを買ってきて、CPUやケーブルの差しなおしをしないといけないのか? うわぁぁ面倒くさい…
いまはまた、長い長いメモリチェックの後でWindowsが起動した状態で使用中。


ちなみに、BIOSのQuickBootはEnableになっているのは確認した。念のため、BIOS設定をデフォルト値に戻して、変更が必要な項目を再設定してみたが、それでも同じ。
BIOSメニューに入るのも時間がかかるので大変。メモリチェックが終わらないと、キーボードが押されているかチェックしてくれない。でも何分間もキーを押しっぱなしで待っていられないので、Deleteキーに重しを乗せておかないと入れない(笑)。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
メインマシンがおかしくなった 公園のベンチでひとりごと。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる