公園のベンチでひとりごと。

アクセスカウンタ

zoom RSS 学習リモコンへの要望

<<   作成日時 : 2006/10/15 03:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

日本橋電気街をぶらついていて入った店に、最近Webの発表記事で見たLogicoolの学習リモコンが置いてあるのを見つけた。Harmonyっていうシリーズ。

カラー液晶の「882」の方は、パッケージの上半分しか透明になっていなくて、下の方は見えなかったが、ちょいと大きめだ。「522」の方は全部見えた。
なんとなく感じは良いんだが〜いや、お値段も結構なもので〜、でもWebで記事を見たときから思ってたんだけど、とにかく絶対的に操作ボタンの数が足りない。手持ちの機器を思い浮かべて、こういう風に割り振って…と考えると、HDDレコーダなんかだと必要なんだけれども割り当てられない機能がでてきてしまう。
これは他のメーカーの学習リモコンに対しても、見るたびに感じてしまう不満点。

学習リモコンの操作ボタンって、なんていうか、その時点(時代?)でよく使用される機器のボタン数の最大公約数をとったような、ぎりぎりの数しか付けてくれていない。それに加えて、あと6つとか8つとか、適当な位置に汎用のボタンを付けておいてくれればいいのに、と思う。それらのボタンは、使う人が好きに設定するってことで。


液晶タッチパネル式の製品は? と聞かれると、使ったことないから分からない、としかいえない。でも、あれも画面内のボタン数は固定もしくは上限があるだろう。

ちょっと話はずれるけど、あの液晶タッチパネル式のって“触った”瞬間に反応するのだろうか? それとも圧力感知するのか? モノとしてボタンがあるリモコンだと、ある程度慣れてくれば、リモコンを見なくても指を滑らせて目的のボタンが探せるようになるけれども、もし触った瞬間に反応されるのであれば、操作の度にリモコンを見てボタンを確認しないといけないし、操作しないときは常に指を浮かせていないといけないから疲れそう。


そんなところで、今のところは、テレビとテレビへの入力切替(D端子セレクタ)とオーディオアンプとは学習リモコンでまとめて操作しているけれど、HDDレコーダやらスカパー!チューナーなどもろもろの機器は個別に付属純正リモコンで操作している状態。なんとかならないものか。
あ、今使っている学習リモコンは、VictorのRM-A1500です。


AA:Victor シアター用リモコン [RM-A1500]
JVCケンウッド ビクター シアター用リモコン RM-A1500

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
学習リモコンへの要望 公園のベンチでひとりごと。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる