公園のベンチでひとりごと。

アクセスカウンタ

zoom RSS 右と左、過去と未来、次と前

<<   作成日時 : 2009/08/28 04:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

眠れないので駄文を。まとめきれんかったけどいいか。

例えば、この「ウェブリブログ」で、記事を単独で表示させた場合。
この画面の一番下までスクロールすると
『<< 前記事(2009/08/26)』『トップへ』
とリンクが張ってある。
「前記事」のリンクをクリックして、また一番下を見ると
『<< 前記事(2009/07/20)』『トップへ』『後記事(2009/08/28)>>』
と出てくる。
つまり、
 左方向 ← が、時間的に昔の(古い)記事
 右方向 → が、時間的に現在に近い(新しい)記事
である。
左、左、左、…と選んでいくことで、過去へとさかのぼっていく。


これが、例えば芸能人ブログで有名なアメブロだと、逆になっている。
アメブロで適当なブログを、1つの記事だけ単独で開くと
(注:アメブロの記事の下の方、「記事URL」のリンクをクリック)
 左方向 ← が、時間的に現在に近い(新しい)記事
 右方向 → が、時間的に昔の(古い)記事
である。
右、右、右、…と選んでいくことで、過去へとさかのぼっていく。


たまたまサンプルとして、このウェブリブログとアメブロを挙げたが、ブログによって、どっちの方式なのかがバラバラである。
そのため、思ったのと逆方向へ記事を読んでいってしまうことがある。
どっちかに統一できんかったんかいっ! とムッとすることもたまにある。
まぁどっちの側にしても、今更変えるわけにもいかないだろうけど。



アメブロでは、記事を“ページ”別に表示するようになってて、それを
『 1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>』
のように、右方向 → へと時間的に昔のページを並べているので、それとの整合性を取ろうとすると、1つ1つの記事もそういう方向で並べることになるのだ、という擁護もできるだろう。

でも私は
 ブラウザの『戻る』ボタンのアイコンは、大抵は左向きの矢印『←』
 だから、左方向 ← が時間的に昔の時点へ戻る = 昔の記事を読む方向
みたいに直感的に思ってしまうわけで。


UIって難しいねえ。



そしてさらに、アメブロの一部の人気ブログ(というか、スキンの問題かも?)だと
[←前の記事へ][次の記事へ→]
というアイコンが貼られている。
さっきも書いたように、アメブロでは
左方向が現在に近い記事、右方向が昔の記事
である。
つまり
 「前の記事」=「時間的に現在に近い(新しい)記事」
 「次の記事」=「時間的に昔の(古い)記事」
ということ。
いま、画面に表示されている記事より
 新しい記事は「前」
 古い記事は「次」
それで合ってるといわれれば合ってるような、でもなんかおかしいような。深く考えてはいけないのだろうか。



※ ついでに書くと、キーボードのBackSpace(←)キーに「戻る」動作を割り当てているブラウザが多いのではなかろうか。あと特定機種の話だが、ThinkPadの一部機種に付いている「戻る」「進む」専用キー(矢印キーのところにあるやつ)も、左側が「戻る」で右側が「進む」。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
右と左、過去と未来、次と前 公園のベンチでひとりごと。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる