AIR劇場版見てきました

映画の尺にあわせるためには仕方なかった、ですかねー。

絵は綺麗。キャラデザが違うとか電車が走ってるとか、そういうことはどうでもいいです。
内容に関しては、せめて「呪い」の内容を、もうちょっと神秘的なものにしてほしかったというか…なんかああいう表現すると、まるで西洋の童話に出てくる、いじわるな魔女の呪いのようだ。
感情の動きがやたら早く感じるのも、時間的に仕方ないかな。

意味もなく、ストーリーから切り捨てたはずのキャラを画面に登場させてくるのは、みっともないのでやめてほしかった。「ここでちらっと出しておけば、見てる奴は喜ぶだろう」みたいな思惑が感じられてしまって。

「ま、こんなもんでしょう」ってのが私の感想。
平行してTV版がOAされていることも不運だったのでしょう。こっちはだいぶ原作の流れに近いものになってるから。というか私は既に原作をかなり忘れていて、TV版見て思い出しているような状態(苦笑)。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック