USBについての文句

すっかり普及したUSB機器。でもね、ちょっと文句をいいたい。

確か登場時には(今でも?)USBハブでつなげて最大127台までの機器を接続できる、なんていってたはずなんだけど。

でも、実際に発売されているUSB機器(ハードディスクとかDVDドライブとか、その他もろもろ)の説明書には、判で押したように「USBハブを経由して接続した場合の動作については保障しません、パソコン本体のUSBポートに直接接続してください」って書いてある。

はぁ?
USBの規格って、そんなにいいかげんなものなの?
USBハブなんて、作ってるメーカーからして(超失礼)、リファレンスの回路があって、そのとおりに作ってるだけのように思えるんだけど。それでも相性問題が起きるってのは、規格がヘボいとしか言いようがない。

別に、USBハブ経由でつないでも、ちゃんと動くじゃないですか…って言う人も多いだろうし、実際そうなんだけど、私は「あるUSBハブにUSBマウスを接続した状態で、同じUSBハブにデジタルカメラをケーブルで接続すると、そのとたんにマウスが動かなくなった」という不具合を経験しているのだ。結局、USBマウスを本体直結にして回避した。

あと、これはハードウェア的な問題じゃないかもしれないけど、USBハブに挿すポートを変えただけで、デバイスドライバの再インストールを要求してきたりすることもある。めんどくせぇ。

まったく、なんとかならんのか。といっても、これだけUSB機器が広まった後で規格をどうこうするのは無理だろうけどさ。


IEEE1394の方はどうなんだろう。WindowsユーザでIEEE1394機器をいっぱい持ってる人って思いつかないけど、Macユーザならいるんじゃないかな?



おまけ:
純粋にソフトウェア(デバイスドライバ)がタコだった例としては、カシオ、「MPIO」とUSBラベルプリンタとの競合を解消する修正パッチ -「MPIO」のドライバがインストールできない不具合を修正 というのがある。ええ、これまた私は両方の機種をたまたま持ってましたよ…。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック