ネットショップと総額表示対応

画像
去年の4月から、総額表示方式(義務)がスタートして、その是非はさておき、今ではすっかり税込価格表示になった。街中のお店では。

さて、IT企業としてはすっかり悪者扱いされているライブドアに対し、「うちは優良ですよー、ちゃんとやってますよー」とアピールして、プロ野球球団まで持つことが出来た楽天さん。
その楽天の「楽天市場」トップページから、試しに"EOS Kiss"で検索してみよう。あ、検索した商品名に他意はない。たまたま思いついただけ。検索結果の画面に、カメラ本体だけじゃなくてストロボとかメモリーカードなんかの周辺機器までピックアップされていることはおいといて、問題は「価格」欄。
"税別" "税別" "税別" "税別" "税別" "税別" "税別" "税別" "税込" "税込" "税別" "税別" "税別" "税別" "税別" "税込" "税別" "税別" "税別" …
おい! どうなってんねん!

試しに適当な店をクリックしてみると、

価格 90,000円 (税込94,500円) 送料込

なにこれ。

財務省のWebサイト内にある、
総額表示公開Q&A
(Q6) 「9,800円(税込10,290円)」という表示でも総額表示を行っていることになるでしょうか。

の「(答)2.」を引用しますと、

2.しかしながら、ご質問のように「税抜価格」を本書きとする表示方法(「9,800円(税込10,290円)」)の場合、他の表示方法に比べて文字の大きさや色合いなどを変えることにより「税抜価格」をことさら強調し、消費者に誤認を与えたり、トラブルを招くような表示となる可能性も懸念されます。このような表示がされた場合には、総額表示の観点から問題が生じうることはもとより、そうした表示によって、『9,800円』が「税込価格」であると消費者が誤認するようなことがあれば、「不当景品類及び不当表示防止法(景品表示法)」の問題が生ずるおそれもあります。

…おもいっきり、この例のまんまじゃないか。


一応、楽天側からは、申し訳程度に
消費税総額表示義務化にともなう価格表示変更について
というお知らせが出ているが、このお知らせの日付は「2004年02月22日」。1年以上、ほったらかしですか。
テナントの指導もロクにできないのか。というか1年も待ってあげたんだから、システム的に価格データベースを強制的に書き直すくらいのことはできるだろうが。ねぇ、優良企業の楽天さん。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック