W-ZERO3 RealVGA画面の見づらいTodayをなんとか…

Visual Studio 2005を使って、W-ZERO3で動くプログラムを作ってみた。
今はまたRealVGAにして使っているのだけれど、どうにもこうにもToday画面の電話とWillcomメールの表示が欠けてるのが気になって仕方がないので、なんとかならないものか、試してみた。最初はDLLをPCに取り込んで、リソースのアイコンの小さい版を作って入れ替えてみたんだけど、それだとアイコンだけはまともになるけど、文字の描画位置が決めうちみたいで、結局だめだったのだ。

C言語ではUNIXでのプログラム(GUI部分は市販のライブラリ使用)を作成したのが主で、それも遥か昔。ここ数年はVisual Basicか、IIS上でActive Server Pagesを使ってWebプログラムをしてたくらいなので、いきなりWindowsの深い部分を触ろうとしても、さっぱりわけわからん。勉強したいとは思うけど、もうそんな根性があるかどうか…。寄る年波には勝てないよぉ。

画像とりあえずサンプルをちょこちょこいじって、電話とWillcomメールの高さを無理やり倍にするプログラムを作ってみた。他のアイテムと大きさが違っててるけど、文字が欠けているよりはマシだということで我慢。

いろいろとうまくいかないことがあり、ついさっきまでプログラムと格闘していたが、もう脳みそが限界。画面の電話のところをみればわかるように、ハードキー上下を押してフォーカスを移動していった場合に、普通は一行全部が別の色(この画面のテーマの場合は水色)になるのだけれど、それがなぜかうまく実現できなくて、しかたなく縁取りするようにして逃げた。こういうの、Windowsプログラミングに慣れた人なら一瞬でどうすればいいかわかるんだろうなあ。

今のところ、あまりに危険なので配布はしません。ある条件で固まることがわかってるし(笑)。

また元気になったら、もうちょっと考えてみよう。こういうのってもう誰か作ってそうなんだけど、どっかにマトモ(安心して使える)のはないかなあ。
しかしそもそも、自分の力量にあわせてプログラムを作れって言われそうだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

solipt
2006年02月27日 02:34
初めまして。行を広げることでのRealVGA化対策、興味深いですね。私のブログで紹介させていただきました。
もし、なおさんにプレッシャーをかけてしまいましたら申し訳ありません。そういう意図ではなく、この方向で、誰か他の方が解決して下さるといいな~という期待を込めて紹介させて頂いた次第です。。<(_ _)>

この記事へのトラックバック