RD-X6のDNS設定

ちょっといろいろあって、せわしない日々を送っていたので、なんにも書けなかった。ようやく落ち着いてきた、かな。

そんなクソ忙しい中、ふとした気の迷いで(またかよ)、HDDレコーダを追加購入。TOSHIBA RD-X6。
これまではPanasonic DIGA派だったのだが、最近のDIGAの、なんていうかお手軽路線っていう雰囲気に、もうこれは自分には合わないと感じてTOSHIBA RD派へ寝返り。今のDIGAって、リモコンを見ても、オンラインのPDFマニュアルを見ても、タイトルの再生中にチャプターが打てないように思うのだが、合ってる? かんたん操作を目指すのはいいけど、必要な機能までなくしちゃうのは勘弁してほしい。

しかし分かっていたけどRDは家電の皮をかぶったコンピュータだなあとひしひしと感じる。そのわりにGUIが微妙に重いのはなんとかしてほしいが。

初期設定の途中、ネットワークの設定でハマる。私の使っているブロードバンドルータはDNSリレーができるけど、ときどき調子が悪くなるので、PCはプロバイダのDNSサーバを直接指定している。RD-X6にも同様にプロバイダのDNSサーバを入力して、[接続確認]を押すと「DNSサーバから応答がありません。」と警告が出る。なぜ?
いろいろ調べて、行き着いた先がブロードバンドルータの通信ログ。RD-X6から、指定したDNSサーバへICMP ECHO REQUEST パケットが出ている。…ping打ってるんかい。
これで納得。プロバイダのDNSサーバはpingに反応しないようになっているのだ。そういう可能性もマニュアルにちょこっと書いてほしいと思うが、RDだからなあ、自分で何とかしろって思想だろうなあ(笑)。

TOSHIBA W録 地上・BS・110度CSデジタルチューナー搭載ハイビジョンレコーダー HDD600GB RD-X6

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック