パソコンからニオイ、その後

動かなくなっていた背面用のケースファンを買って、あと なんとなくだけど、ハードディスクのリムーバブルケースが怪しいと感じたので新しいのを買った。結構昔からのIDE接続のを使ってたので、SATAタイプのにした。

さらに関係ないけど勢いでSATA接続のDVDドライブも買い、システムからパラレルIDEを撤廃。これでケース内のエアフローが少しはよくなるかな?

そのへんのパーツを付け替えて、ここ数日使ってみた感じでは、ほとんどニオイがしなくなったので良かった。でも、何かの拍子に、たまに匂うんだよなあ。
まあ、そもそもパソコン内部が原因だと確定してたわけじゃないからなあ。もうこれ以上はわからないのでお手上げ~。



さらについでの話だけど、このマシンで大昔から使っていたSATAケーブルが、経年劣化でカチカチに硬くなって、とりまわしづらかったので、それも新しいのにした。そのケーブルがつながっていたのは起動ディスクで、結構初期のSATAハードディスク(WD2500JD)。
そして起動すると、なぜかBIOSがディスクを認識するのにやたら時間がかかる。そしてOSを起動しようとしたところで「システムがない」とか「パラメータがおかしい」とか「ハードディスクが読めない」とか、試すたびにいろんなエラーが出て、OSが起動できない。
まさか、と思って以前のケーブルに戻したら、何の問題もなくOS起動。
ケーブルがうまく刺さっていなかった、とかではないはず。
ううむ。コンピュータの世界は難しいな。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック