iPhoneはケータイ世代に受け入れられるか

というか、ケータイ世代がこれで我慢できるか。

iPhoneを即買いするのは一部のオタクだけ?(ASCII.jp) という記事があるが、『一部のオタクが即買いする』というよりは、『一部のオタク(=これまでスマートフォンを使ってきたようなユーザー)でないと、不満をもらすだろう』と思う。ユーザーインターフェイスがiPod touchと大して変わらないものであれば。

今のケータイ世代…PCを持ってなかったり、ほとんど使ってなかったりで、必要なこと(通話はともかく、メールの送受信やブログ・mixiの閲覧・更新など)にはほとんどケータイを利用している人たちには、あのソフトウェアキーボードが大きな壁になるのではなかろうか。

今までは電話機配列のキーで、ケータイ特有のかな入力をガンガンしてきた人たち、しかもPCになじみが薄い人たちにとって、QWERTY配列でローマ字入力をするとなると、全く操作感覚が異なる。さらにソフトウェアキーボードで、あのちっこいキーである。あれで文字入力をするのはキツくないだろうか? 私はiPod touchを持っているが、狙って指で押したつもりでも、隣のキーを押してしまうことがしょっちゅうだ(変換時に、ある程度は押し間違いを想定・修正した変換候補を出してくれるが)。日本人より指が太いと思われるアメリカ人は、あれで使えてるのだろうか。あと、爪で押しても反応しないので、女性から苦情が出そうだ。

しかも、電車の中で揺られながらとか、人によっては歩きながら(正直これはぶつかりそうになるのでやめてほしい)メールを打ったりするのを、あのソフトウェアキーボードで、ってムリだろう。

ある程度までは「慣れ」で克服できるかもしれないが、その前に苦情が続出するのでは、と心配してしまう。

さらに言えば、メールは普通のテキストメールだ。ケータイ特有の記号なんてない。デコメールもない。
うっかり、これまでの日本のケータイが凄くなったもの、的なイメージで買ってしまうと、むしろ逆に「なんでこんなこともできないの?」と嘆くのではないだろうか。


あとは電池の持ちが問題になるかな。相変わらず電池って交換できないんだっけ? これも文句が出そう。


これらの問題点を考えて、DoCoMoは敢えてSoftbankに「お先にどうぞ」と譲ったのではないだろうか。
DoCoMoはスマートフォンをいくつか出しているが、一般に大々的に広めようとはしていない。ごく一部のビジネス利用(企業向け)がターゲットという程度。
つまりは現場(販売店)でのトラブルを避けたいのでは。企業向けに導入した場合は、対応はそっち方面の部署で行うので、販売店に文句がくることはない。だが一般にがんがん売った場合には、質問や相談や文句のかなりの量は販売店へ行くわけで。

WILLCOMやイーモバイルの場合は、そもそも分かっている人しか買おうとしないからいいのだが。


さて、どうなることやら。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック