WILLCOM D4、中途半端。

電池が持たないー。
というのはさすがにまずいと思ったのか、大容量バッテリープレゼントキャンペーンをやるようだ

しかし…これ、「電話」であることが妙な足枷になって、中途半端になっているのが残念。
どうせPHSの通信速度では、今のWebコンテンツは重すぎて、ストレス溜まるだけなので、W-SIMスロットはいらない。で、そっちのほうへUSB端子をもっていってくれれば(キーボードの手前にあるっていうのは嫌がらせか?(笑))、イーモバイルとかのUSBモジュールを接続しやすくなるのに。どうしてもW-SIMを使う用事があるなら、WILLCOM DDとか、I-O DATAのやつをつなげばいいのだ。なんか間違っている気がするが。
あと、カメラもいらない。ワンセグもいらない。今のケータイの機能にとらわれているから、そういう機能が必要だと思って付けてしまうのだ。
それらを少しずつ削って、もう少しだけ軽量化、価格の引き下げができていればなー、と。

とはいっても、WILLCOMである以上は仕方ないのだけれど。これがSHARP単独での発売なら、ねぇ。

あと、ボディが横長(縦長?)なのは、もしかするとW-ZERO3[es]やアドエスからの流れなのかもしれないが、まだあの大きさなら「胸ポケットになんとかしたら入る」という建前があったが、D4の大きさになると意味ないだろう。また、キーボードが横スライドっていうのも、スマートフォンのカタチにとらわれているのかな、と。

ごく個人的には、Zaurus SLシリーズの形がいいなあ、と今でも思っている。ああいうふうに2軸回転すれば、ビュースタイルも無理なく実現できるし、閉じたときに液晶面の傷付きを気にしないでよくなる。また、キーボード部分の奥行きを長くとれるので、キーが押しやすくなる。Zaurusのキーボードって見た目はイマイチだけど、両手で持って親指で入力すると非常に打ちやすい。勘違いして、せっかくのスペースに見た目がカッコいいキーを無理矢理押し込んで、キー配列がむちゃくちゃになったLOOX U50よりずっとましだ。


というわけで、できればそういう方向で次のマシンができればな、と夢を語ってみました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック